ずっとむかし 路地の奥には

夕日が町々の建物の影を長く引いて、人の顔が判別できなくなる頃には、影の溜まりのようなすき間が、路地裏のあちこちにできあがっていた。
夕餉の準備の香りと音とが、決して悪くない雰囲気を作り上げている、そんなときの路地のうらで、僕らはときどき彼らとすれ違った。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あかいとり

Author:あかいとり
とにかく様々な場所で自分の領域を主張したい・・そんな想いが私にもあった。ココはそのなごりの場所。陣地。自分自身すらときどき忘れてしまう小さな陣地。

いらっしゃいませ





現在の閲覧者数:


最新記事
カテゴリ
いい加減なブログネットワーク
googleカスタム検索
カスタム検索
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Ads by google